« 還暦 | トップページ | ヨットクラブ »

2007年5月31日 (木)

峻峭

Sara 電気通信事業紛争処理委員会委員長の香城敏麿先生が3月22日に亡くなられた。享年71歳とお若い逝去であった。

大変お世話になったので、失礼かと思ったが、奥様にお手紙を差し上げた。昨日、賀状欠礼と死亡通知のはがきが届いた。

そこには、先生のこれまでのお仕事や論文執筆への熱意が簡潔に綴られ、「清く正しく峻峭な七一歳六ヶ月の生涯でございました」とあった。

峻峭:(しゅんしょう) 山などが高くけわしいさま。「―な鋭峰」 きびしいさま。また、けだかくすぐれているさま。

短いお付き合いであったが、まさに、言葉通りの方であった。

短いなかに、先生への愛情と奥様のすがすがしい知性が感じられる文面で、お似合いのご夫婦だったのだろうなぁと想像される。

先生が家内は和服が好きなので、他ではムリをさせてきているので、これだけは希望を適えてあげるのだというようなことを言われていたが・・・きっと、和服の似合う方なのだろうと思う。

こんな短い文面で、その人の人柄や知性が分かってしまうなんて、凄いし、怖い。

自分が出した拙い手紙が凄く恥ずかしい・・。マイッタ!

また、「先生」「師」ってこういうもんなんだろうと思う。

こういうもん・・というのは、ほんのわずか空間をご一緒しただけなのに、生き方や考え方について刺激を与える力があるということ。

実は、私は、先生とほんのわずかご一緒だっただけだから高潔な方に見えただけで、もっと一緒に暮らしたら、嫌なところ、だらしないところなどあるんだろうなぁと思っていたのだ。残念ながら、私がこれまでお付き合いした「先生」「師」は、そういう人が多かったのだ。人間的と言えばそうなのだけれど。

ところが、日々ご一緒の奥様が「清く正しく峻峭な」と言われるのだから、おそらく、日々の生活の姿勢も高潔な方だったのだろうと思う。・・マイッタ!

ご冥福をお祈りするとともに、時折思い出して鏡にしたい。

(写真は姫沙羅)

|

« 還暦 | トップページ | ヨットクラブ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。