2008年3月19日 (水)

生地の世界ブランド

京都では、西陣などの伝統産業が衰退しており、その再生のためにさまざまな試みをしている。

たとえば、京都ファッション産業協議会では、「KYOTO STYLE CAFE」を数年やっている。京都の染織・繊維業者とデザイナーや家具メーカーなどが提携して新しい時代の商品を開発し、東京青山で百貨店のバイヤー等を呼んで展示会を開催してきた。

また、2005年から「京都プレミアム」事業も実施している。海外向けにホームデコレーションアイテムを開発し、海外の展示会に出してきた。

しかしながら、HPを見る限りでは、やるという告知のリリースはあるが、その結果、商談が進んだというリリースが見当たらない。商談成立は、個別企業のことなので掲載していないだけかもしれないが、気になるところだ。

HPを見ると、各企業がクッション、カバン、テーブルウェアなどの単品をそれぞれのテーマで開発し、毎年チャレンジしているといった感じだ。つまり、トータルな空間デザインの提案ではない。

展示会で、バイヤーが見本品の品質やデザインを見て、個別企業と連携し、新しいブランド開発をしようと言ってくれるのかもしれないが、それだと単品の下請け企業になりかねない。

もっとも、商品企画をしたり、マーケティングをしたことがない企業、販路開拓に途方に暮れる企業などが練習としてやってみるのは、学ぶという意味では有意義だと思うし、実際、ここまでやるのでも結構大変なのだろうとは思う。

しかし、望むらくは、自ら空間デザインを提案し、独自ブランドで打って出て欲しい。

O フランス・プロバンス地方のプリント柄の生地やそれを使ったホームデコレーションで世界中に販路を開拓している「SOULEIADO]や、大胆なデザインの生地をベースとしたホームデコレーションやファッションまで手がけている「MARIMEKKO」は、いずれも独自ブランドで展開している。

貼り付けた柄は、今私の部屋で使っているもの。小花かと思ったら、虫の柄らしい。

京都の企業もこうなって欲しいし、そう成れるのではないかと思う。

| | コメント (0)

京都ベンチャー

前の記事に書いたように、1995年当時、ベンチャーが生まれる気配がまったくなかったのだが、今回、調べてみると、それなりにベンチャーが生まれていた「kyotovb.doc」をダウンロード

もちろん、これらがどの程度のものなのかは分からないが、ハイテク分野でニッチを狙っている企業も数社見受けられる。

また、コンテンツ関係を調べた友人の話では、精華大学や京都工芸大学など、マンガやアニメなど最近日本が注目されている分野で、京都の大学ががんばっているとのこと。問題は、そこの学生たちが東京に流れてしまうことらしい。

彼に言わせると、京都にいても、これだけネットや交通機関が発達しており、仕事はできるはずだというのだが、皆、東京にいけばなんとかなるというような気分で東京に来てしまっているらしい。

日本のどこもそうだが、狼が来ないと新しいことは始まらない。

京都がマンガなどによる新しい産業発展をする要素はあるのだろうが、どうしたらそれが実現するだろうか。

| | コメント (0)

京都企業

京都の企業には、古い歴史を持つ企業が多い「kyotocompany.doc」をダウンロード

しかしながら、たとえば、松栄堂は、若い人や外国人にも受け入れやすいお香を商品化して、海外にも進出しているし、宝酒造は、お酒の分野では海外に進出し、一方、要素技術を活かしてバイオや機能性食品に進出している。

清水焼を祖とする京セラや村田製作所、松風のように、セラミックスがファイン化し、産業が新たに発展している例もある。尾池工業は、金糸銀糸を作っていた企業だが、その後、食品包装分野(アルミなどを蒸着し、湿気や光を遮断する)に進出、さらに、今日では、プラズマディスプレイや液晶の反射フィルムなど電子材料にも進出している。

京都は、幾度も戦乱などに合っており、そういうなかからさまざまな京都の知恵が生まれているといわれる。旗色をどちらかに明確にせずに生き延びるとか、同じ土俵で競争しないで、棲み分けるなどがよく言われることだ。このため、個性的な企業、コア・コンピタンス(寄って立つ強み)が明確な企業が多い。

一般に、伝統がある地域では、伝統のイメージにしばられて革新が生まれにくいが、京都は、明治維新(天皇が東京に行ってしまった)と戦後という大きなショックに出会い、なんとかしなければと新しい試みがなされたことが、昔ながらの京都の伝統産業に新しい産業が接木されて発展してきた。

これらの新しい産業が高度成長期以降、京都経済界の顔となっているが、京セラの稲盛さん(鹿児島)も、ワコールの塚本さん(滋賀)も、オムロンの立石さん(熊本)昔からの京都人にしてみると他所ものであり、新参ものと見られてきた。

外からは、稲盛さんが京都経済の代表のように見えるし、村田製作所、ローム、オムロンなどが成長しているし、島津製作所が京都大学との関係で成長したこともあり、京都はベンチャーが生まれやすいとイメージされてきた。

しかし、私が1995年に調査した折には、新しい企業はあまり生まれていなくてがっかりした。京都大学もユニークな校風であり、アメリカのシリコンバレーのように、大学の研究者や既存の企業などとの間で交流が進み、ベンチャー企業が次々と生まれている熱気のようなものが感じられるかと思ったのに、まるで見えなかったからだ。

しかも調査にあたっては、寺院、共産党・・・・などと、既得権益の巣窟なので、これらには触れないようにとか、マルハンなどのパチンコホールが当時渋谷で大規模店を開設するという話もあったので新しいベンチャーだと思ったのに、京都でであった経済人は、誰もこの件については話さないというような閉塞感があった。

結果、京都調査は、ほとんど実のある内容にならなかった。

| | コメント (0)