« 中小企業に役立つインターネット | トップページ | 地方自治体における地域経営とは »

2005年5月13日 (金)

情報化で変わったこと、変わらなかったこと

これは、2004年に静岡市でお話させていただいた時の資料「shizuoka.ppt」をダウンロード です(パワーポイント)。

実は、静岡市(当時の清水市)で2001年頃に、前にご紹介したのと似た内容、つまり、インターネットを使うといろいろ便利ですよというお話をさせて頂きました。

同じ場所からお声が掛かることは残念ながら滅多にないのですが(話が面白ければ、またあの人に、となるのですが残念!!)、たまたま友人が居て、チャンスを頂きました。そこで、数年前から何が変わって、何が変わらなかったのかをお話させて頂きました。

自分でも「情報化」とか「インターネットの普及」とか安易に言ってきて、確かに便利にはなったのだけど、本質的に何か変わったのだろうか、という思いがありましたので、頭を整理するのに良いチャンスでした。

結論的には、以下のような内容になっています。 fuji

  1. 情報化で個人のパワーアップが進みつつあるが、まだ途についたばかり。
  2. 企業の情報化は、過去の情報の整理・加工部門では進んだけれど、問題発見や次の企画に活かすといった前向きの利用がなされていない(これは情報化というより、企業姿勢の問題)。
  3. 企業は顧客と対峙した関係で情報公開するというのではなく、顧客を一緒にものごとを創造していく仲間と捉える必要がある(個人がそれだけのパワーを持ちつつある)。

|

« 中小企業に役立つインターネット | トップページ | 地方自治体における地域経営とは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報化で変わったこと、変わらなかったこと:

« 中小企業に役立つインターネット | トップページ | 地方自治体における地域経営とは »