2011年5月12日 (木)

シェア

『公明新聞』2011年5月2日(月)に書評を掲載しました。(原稿はこちら「share.doc」をダウンロード

三浦展著『これかららの日本のために「シェア」の話をしよう』NHK出版、2011年2月です。

若者たちの間で、「所有」にこだわらず、むしろ「共有」することによって新しい価値観を生み出そうとする動きが強まっていることをまとめた本。

「シェア」することによって、コミュニケーションが活発化したり、人と人とのつながりや助け合いが増えることに着目している。

三浦さんは、私有を否定している訳ではなく、あるものは私有するが、あるものは共有するという傾向が強まっていることを示している。

そして、「共有」だと日本経済が減速してしまうのではないかという懸念に対し、むしろ、これからの日本の有り様を考えると、共有ということを前提にした方が新しいビジネスが生まれるとしている。

+++++++++

三浦さんの本は、新しい動きを「シェア」というキーワードでいち早く整理して示したところに意味があるのだと思うが、整合性が取れているのかどうかちょっと気になる面もある。

三浦さんが指示していることは、大きく3つある。

1.所有から共有(シェア)へという価値観の変化、骨董も時間差共有の一つ

2.シェアすることによって、コミュニケーションが生まれ、助け合いなどが進み、高齢化や非婚者が増えるなかで、日本にとって良い方向である→共同体ならぬ共異体だ

3.これまで「公」は、もっぱら官が担ってきたが、民間が個人の自宅や庭を開放して「公」の場を提供する動きがある(これもシェアとしている)

そして、シェアが進んでも、見方を変えれば、新しいビジネスチャンスがあるとして、いくつかの考え方を示している。

たとえば、ワンルームマンションだと、一人ずつ小型で安いたぶん中国製などの家電製品を揃えるが、シェアハウスなら皆で使うので大型冷蔵庫や立派なキッチンが求められる。家電メーカーは、こうしたトレンドを考えて製品開発すべきだ。

高齢者が空いたスペースを若者とシェアするには、仲介に工夫がいるので、新しいタイプの不動産屋が生まれる。古い建物をリニューアルして今風にすれば高付加価値物件として売れる。あるいは、小布施のように個人の庭を開放することで観光客を増やしているなど。

どれも、新しい動きとして実際にあるし、間違いではない。

ただ、何か違う気がするのは、なんだろう。

1.この本は、今回の震災前に書かれており、震災後に私たちの価値観が三浦さんが思っていた以上に大きく変わってしまったことが関係しているのかもしれない。

つまり、もうエネルギー多消費型の生活には、戻りたくないということを骨身に沁みて感じてしまった。人間がコントロールできない原発にまで頼って豊かさを享受したいとは思わなくなっている。

もともと、大所高所から、エコとか地球環境とか言われてきたものの、ぴんと来なかったのが、自分のこととして感じられるようになった。

だから、共有によってむしろ大型冷蔵庫が必要とされるなどの喩に違和感を感じるのかもしれない。

むしろ、たとえば、ある地域でソーラーパネルを各家に設置し、それを蓄電・利用できる仕組みを作るなどの話があると納得するのかもしれない。

2.所有しなくても良いという感情とコミュニケーションを求めたり助け合ったりすることを同じ流れでとらえているが、もしかすると、これは別々のことなのかもしれない。

住宅を高齢者と若者がシェアし、お互い助け合えるという事例があるとしても、それはたまたま重なったに過ぎないのではないか(一般化しにくい)。

昔は、貸家が中心だったから、生活スタイルに応じて家を移ればよかった。その方が合理的なので、そういうスタイルが求められれば、そういうサービスが増え、所有する人と賃貸する人とが存在するようになる。所有していても管理が面倒なので、信託方式が増えるという流れの方が主流のような気がする。

一方で、助け合う仕組みやコミュニケーションを取ることが求められ、そうした仕組みづくりが進む。それは、サロンづくりだったり、仕事づくりだったりし、その一つが高齢者と若者の住宅のシェアであったりするのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

「婚活」現象の社会学

公明新聞9月6日に掲載された山田昌弘編著『「婚活」現象の社会学』の書評です。「konkatsu.docx」をダウンロード

結婚というのは、個人的なことだが、少子化など社会の問題でもある。

戦後、なんでも自由という中で、結婚も本人の自由ということで社会的な問題としてあまり扱われてこなかったテーマだ。

「自由」と言いながら、一方で男性の所得に甘んじたいという女性、親の意向を気にする乳離れしない男性など、どこか歪である。コンビニなどのサービスが発達し、元気であれば、家庭が不要で一人暮らしが可能な社会も問題かもしれない。少子化のなかで親の介護という問題もある。結婚・離婚は自由だが、子供をどう育てるかの問題も残る。

今回は、書評なので、対象の本についてしか述べられなかったが、本当は、「婚活」といった表面的なことに留まらず、家族とか社会とか、もっと本質的なことを考えなければならないテーマのはずだ。

ほとんど全員大学→就職という流れも、もう一度考え直し、見直す必要があると誰でもが思っているのだが、新卒者を3年までとするといったような表面的な修正にとどまってしまっている。

こうしたことは、行き着くところまで行って、社会現象が変わってくるのを待つしかないのだろうか。日本のこれからを見通して、本質的な議論をし、新しい制度をつくり、人々の気持ちも変化させるように仕向けることが政治や知識人には必要なのではないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

書評「無印ニッポン」

公明新聞から依頼された書評です。「mujirushi.doc」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

公共空間としてのコンビニ

公明新聞から依頼されて書いた書評です。鷲巣力『公共空間としてのコンビニ-進化するシステム24時間365日』朝日新聞社。09年1月26日の紙面に掲載されました。「konbini.doc」をダウンロード

私は、勤め人であった間は、コンビニ大好き人間、誘蛾灯に誘われる蛾のように、店の灯りに吸い込まれていたものです。おにぎりやデザートなど新しい商品がつぎつぎと出るので、毎日行きたくなるし、チェックしていないと落ち着かないという感じでした。

コンビニがあれば、親がいなくても子供が育つと思いました。昔は、親がご飯食べさせないヨというのが叱るときの切り札でしたが、コンビニが普及してからは、このせりふの意味が無くなってしまいました。

しかし、年金暮らしで専業主婦になってみると、コンビニはなかなか高価で、最近では足が遠のいています。

また、「地域イノベーション」や「住民自治」などを考え始めると、コンビニだけが地域の拠点になっていることがどうにも不自然に思えてきました。郊外型のスーパー(ショッピングセンター)とコンビニのお陰で町の商店街が壊滅的な打撃を受けています。商店街が歯抜けのようにもろくなって困っていると、コンビニが出来てその穴を埋めてくれます。商店街の個々の店は、確かに経営努力をしていないところも多いので(夜は早くに閉めてしまう、最近では住んでいない店も、売れ残りをごまかして売りつける、小家族になっているのに束で売っているなどなど)、近代的な経営をしているコンビニに適わないのは商店が悪いと思ってきましたが、それにしても、これではまずいと思い始めています。

著者は、安全(夜町が明るい、災害時の拠点)、憩いの場(最近では高齢者がコンビニでのみ会話など)、最近では宅配も(高齢者世帯向け)というプラスの面(公共空間)に期待しています。書評にも書きましたが、全国にコンビニ約4万店、これに対し、小学校、公民館、郵便局がそれぞれ2万前後、交番が6600でしかなく、地域の拠り所になるのは、コンビニでしかないのかもしれません。

確かに、コンビニの店主は、それぞれの土地の人です。しかし、コンビニ成功の鍵は、やはり本部です。地域の産業を考えると、工場誘致などを除くと、やはり、一次産業、飲食・小売業・サービス業となります。ここをもう一度地域として再生させる必要があると思います。やる気がない、地主的になっている商店主は、市場から退出してもらうとして、少しやる気があるなら、地域ニーズをもっと理解し、それに対応することで成長できる余地はまだまだあると思います。

たとえば、高齢者が買物カートを押してスーパーまで出向くのは大変です。歩道が広ければよいのですが、狭い上に、視覚障害者用のブロックがあり、自転車が通る道です。近くに顔見知りの商店街があれば助かります。

商店は、小口需要に対応すること、鮮度管理をきちんとすること、共同仕入れなど工夫して安く仕入れられるようにすること、地産地消を図ること、配達をすることなどなど、本来やるべきことをきちんとやれば、まだまだ需要は回復すると思います。個々の店の努力に加え、歯抜けのところには、やる気のある商店主に貸す、車が通らないようにして共通カートを設ける、たまり場も用意するなど商店街としての魅力も協力し合って作るようにする。

何も言葉を返さなくても買物ができるスーパーやコンビニは、確かに便利だったのだけれど、やっぱこれは過渡期のように思う。

確かに、品揃えが豊富なことは、高齢者にだって心躍るところもある、顔見知りだとわずらわしいこともある。高いよとか、腐ってたよとか言い合えるなら良いのだけれど、今は、高かったり腐っていた経験があると黙って買わなくなり、気まずいので裏道を通るようにしてしまう。店は、どうせ浮気する客だと思ってうらんでいる。客と店との間に信頼がないからだ。商店は、客の文句は有難いと思い、聞く耳を持つ、客は、商店街がなくなると困るので、愛のムチとして文句を言うという関係に持っていかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

アメリカ中小都市のまちづくり

『公明新聞』がまた書評を依頼してくれました。年賀状で、地域政策をやっていると書いたので、それに対応してお声をかけてくれたようです。

服部圭郎『衰退を克服したアメリカ中小都市のまちづくり』学芸出版社です。

デービス、チャールストン、バーリントン、ボルダー、チャタヌーガの5つの中小都市を取り上げ、どのような経緯で、どのようなキーパーソンが市民を巻き込んでまちづくりをしていったかが書かれています。

丁度、授業でもバーリントンを取り上げ、どうしてこういうことができるのだろうなどと話し合っていたこともあり、願ってもない仕事とお引き受けしました。

書評は、08年2月25日に掲載されました。これは、その原稿です「chushotoshishohyou.doc」をダウンロード 。てにをはなど少し違うかもしれません。

値段が2200円とちょっと高めなのと、普通の出版社ではないので、町の本屋で見かけることはおそらくないこと、文字が小さいことが難点ですが、とても良い本だと思います。

半眼でも友達のコンサートが駅前の商業ビルの広場で開催されたことに関連して触れましたが、ダウンタウンに公園や歩行者天国があり、休日には、市民がそこで憩ったり音楽会が開催されたりして賑わっています。

自分の町でどうやったらこれが実現するものか、気が遠くなるほど羨ましい事例集です。今が素敵な町という紹介ではなく、誰がどうやって長い年月をかけてこうした羨ましい町にしてきたのか、が書かれているのです。だからこそ、そういう市民運動が起こることが羨ましいし、自分ができないじれったさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

父子消費

「公明新聞」から書評を頼まれ、作成した原稿「shohyofushishouhi.doc」をダウンロード

前に公明党の雑誌やコラムの執筆でお世話になった方が担当者に私を紹介してくれたことにより依頼が来たようだ。

外部原稿を書くのは、すっごく久し振りだ。このところ、消費を追いかけているわけでもないので、なんだか評するのは、申し訳ないような気がした。

新聞には、2007年8月27日に掲載された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)