« 新しい仕事その2 | Main | 地域金融 »

July 17, 2005

富山の塾:日本の昔から学ぶソーシャル・キャピタル

ブログをずっとサボっていたので、どこまでどう書いたのか自分でも忘れてしまいました。

先日、前にも述べました「地域情報化研究会」で、富山でインターネット市民塾をやっている柵さんから貴重なお話を聞きましたので、メモしておきます。

主に学者(空論派)が地域とは何かというような議論をしているなかで、実践派である柵さんから、富山の薬売りの歴史についてのお話がありました。

富山の薬売りは、「先用後利」や懸場帳によるワン・トゥ・ワン・マーケティングなど現代にも通じるビジネスモデルを生み出したことで有名です。また、お客さんのところを訪ねて、全国の面白い話をしてあげるというメディアの役割も果たしていたようです。

こうしたことはいろいろなところに書かれていますが、薬屋は、全国で得られた知識や富を富山の次世代に引き継ぐべく、寺子屋を作って、後進の指導にあたったとのこと。今でも、富山は教育県ですが、こういう歴史が影響しているのかもしれません。また、100年の人材育成が銀行や電力など新しい産業人を生み出したそうです。

柵さんが「インターネット市民塾」をはじめられたのも、こうした寺子屋の歴史が発想の原点になっているとのことでした。

社員である柵さんのこの活動を認知してやらせているIT企業インテックの故金岡氏のルーツは薬種商の五代目とのこと。

こうした話は、確か近江商人にもありました。浜松に産業が次々に起こっているのも、ルーツには、篤志家がいたことが遠因らしい。私がシャレて「ソーシャル・キャピタル」などと横文字を使ってみましたが、なんのことはない、富山にも、近江にも、浜松にも、江戸からおそらく明治にかけては日本にあったのです。

戦後、日本は、世界でも稀な平等社会が実現しました。江戸時代や戦前は、貧富の格差が大きかったのだろうと思います。そこで、篤志家が誕生し、富や知恵を貧しい人々にも与えられる仕組みを作り、才能ややる気があれば、階級に関係なく伸びることができる環境をつくりあげてきたのだろうと思います。

金持ちの思いやりというと嫌な響きです。むしろ現在の平等社会よりも、人のぬくもりや郷土愛を感じます。平等社会になったけれども、自分のこと、今日のことに精一杯で、人を思いやったり、郷土の明日を思い描く力が失せてしまったように思います。

目の前に困っている人がいた場合、すぐ手を出して助けるのではなく、おそらく、市役所に電話するとか、おまわりさんを呼んでくるという感じです。

仮に目の前に暴力で痛めつけられている人がいても、自分で割ってはいるなんてしないでしょう。おせっかいをして自分が怪我をしたらもとも子もありませんから。これは、暴力の例ですが、おなかをすかしている人でも同じことです。おなかをすかしているからと家に入れて残りご飯をあげたは良いが、元気になったらお金を盗んで逃げてしまうかもしれません。

公的な機関に助けを依頼する・・法制度でちゃんと決まっている。暴力は犯罪だし、空腹なら生活保護が受けられるなどなど。これは確かにソーシャル・キャピタルがきちんとしているわけです。でも、心は通っていません。

極論を言っているわけですが、果たしてどちらが良いのでしょう!

|

« 新しい仕事その2 | Main | 地域金融 »

Comments

Heya! I'm at work surfing around your blog from my new iphone 3gs! Just wanted to say I love reading through your blog and look forward to all your posts! Keep up the great work!

Posted by: http://gamehack.fbzone.us/simpsons-tapped-out-cheats-hack-2014-free-unlimited-coins-and-donuts-an... | November 08, 2014 at 09:09 AM

It is not my first time to pay a quick visit this website, i am browsing this website dailly and get nice data from here daily.

Posted by: http://www.oxenmotion.com/eat-stop-eat-review-do-not-buy-until-you-read-this/ | November 11, 2014 at 09:08 AM

My programmer is trying to convince me to move to .net from PHP. I have always disliked the idea because of the costs. But he's tryiong none the less. I've been using WordPress on numerous websites for about a year and am concerned about switching to another platform. I have heard excellent things about blogengine.net. Is there a way I can transfer all my wordpress content into it? Any help would be greatly appreciated!

Posted by: usaha rumahan | February 03, 2015 at 06:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89550/5005753

Listed below are links to weblogs that reference 富山の塾:日本の昔から学ぶソーシャル・キャピタル:

« 新しい仕事その2 | Main | 地域金融 »