« 産学連携学事始め7 | Main | 産学連携事始め9 »

January 03, 2006

産学連携学事始め8

○「産学連携力」は、結果で判断されている。共同研究は何件か、特許出願件数は、ベンチャーは何社、産学連携を基にした売り上げはなどなど。しかし、総合的な産学連携力は、そのプロセスをも含むべきである。

○産学連携を生み出すスタートは何か。「シーズとニーズのマッチングである」といわれることが多い。そのためにシーズ集を作ろう、企業のニーズ集も欲しい、マッチングセミナーを開こうと考え、この10年間、全国で多大や努力が払われてきた。しかし、学の産学連携実務者の会員が多い産学連携学会の報告には、シーズ集が見事に活用されたとするものは余りみられない。

○大分大学の伊藤正美氏は、「工学系の分野といえども、大学内の学術的発想による研究成果が直接「産」のニーズを満たす技術になるか疑問がある」と指摘し、次のような分析を示している。大分大学における03年になされた「共同研究73件」の研究報告と大学の研究者データベースに記載された研究テーマとの関連を見ると、一致するものは47%あり、これを「メインストリーム型」と名づける。残りの53%は、企業のニーズに対し、研究者の幅広い知識を応用する「ニーズプル型」の共同研究である。さらにこの分類を大企業との共同研究に適用すると、74%がメインストリーム型となり、県内中小企業との共同研究に当てはめると逆74%がニーズプル型であった。

○これは、中小企業とのマッチングは、研究者DBに記載されているシーズからは起こらないことを示している。つまり、一般に考えられている産学連携スキームは、地域中小企業との産学連携にはおおむね当てはまらない。

○では、何が産学連携のスタートになるのか。コーディネーターが橋渡しをすると考えることもできる。しかし、少数のコーディネーターが何百人もの研究者の能力を掌握するのは至難の業である。ほかにどんな方法があるか。今、産と学をニューマンリレーションでつなぐ糊のような組織が全国で生まれている。これは有力な産学連携のスタートになる。理想的スキームとして図のようなスリーステッププログラムを持ったサロン型組織が考えられる。

第一段階:アイデア創出サロン。ここは、産と学とのフェイス・ツー・フェイスの文字通りのサロンで、気楽な会話からアイデアを生み出す。企業経営者のイノベーションへの意欲と研究者の一般的知識の活用がカギになる。

・企業経営者、技術開発責任者と大学、公設試等の研究者、金融、行政等の担当者にコーディネーターを加えた懇談会。研究者とコーディネーターが幅広い人的ネットワークを持つことが重要。

第二段階:研究プロジェクト。サロンから生まれたアイデアがどうしたら実用技術になるかを研究する。

・事業アイデアに関連する複数企業と専門研究者によるプロジェクトチームの結成。技術動向、マーケット調査、事業化の可能性調査を比較的オープンに議論する。コンソーシアム的なかたち。議論の進展に伴い、守秘契約等が発生し、弁護士や弁理士の参加も必要となる。精神のプロトタイプの確立までがこの段階の範囲。

第三段階:事業化プロジェクト。プロジェクトから生まれた技術実用化する。

・開発企業を確定し、専門研究者との契約を行う。商品開発とその事業化を目指す。知財や製造・販売に関する他社との契約が発生する。完全にクローズしたチームである点「研究プロジェクト」と明確な相違がある。開発研究支援とともに、事業化支援が必要のケースもある。

このような組織は、岩手大学を中心とするISN、北海道のHOPEをはじめ、全国各地でそれぞれの地域性を踏まえ成長している。

・・荒磯先生は、モード1のみを志向していなかった。ちゃんとモード2の必要性を理解していた。そして、大分大学の分析は、大企業と中小企業とで産学連携のあり方が異なることを示している。

・前の書き込みで、守秘義務のようなことを懸念したが、上記のINSやHOPEでは、そうしたことも段階的にきちんと整備されているようだ。

|

« 産学連携学事始め7 | Main | 産学連携事始め9 »

Comments

Contain contact information to be more accessible, as well. To comprehend blogging, you've to learn every aspect of it. Be sincere, be transparent, and be available to your readers. The potential and suggestions for blogs are infinite.

Posted by: Delphia | March 27, 2014 at 11:51 AM

It simply costs fifty cents or so, when you send your stuff you should always use delivery confirmation. The NES has many turn based side scrollers that illegal the internal supporter.

Posted by: Zelda | March 28, 2014 at 07:25 PM

This is a great solution to learn what kinds of games they are into, plus it lets you both have some interesting. Hopefully this article helps you take your play into a higher amount! Shortly you'll be empty with nothing showing for it.

Posted by: http://www.filmswithimpact.org/ | April 24, 2014 at 02:08 PM

Great information. Lucky me I came across your site by chance (stumbleupon). I've saved it for later!

Posted by: Generateur de credit fifa 15 | December 02, 2014 at 02:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89550/7979430

Listed below are links to weblogs that reference 産学連携学事始め8:

« 産学連携学事始め7 | Main | 産学連携事始め9 »