« 産学連携学事始め8 | Main | 産学連携事始め10 »

January 03, 2006

産学連携事始め9

○コンフリクト(衝突・矛盾)のマネジメントと言えば、産学連携分野では、利益相反などの知財をめぐる問題と受け止められる。しかし、コンフリクトは、あらゆる場面に避けられないものとして現れる。産学連携は、産と学という異質な世界を融合しようというのだから当然である。産学連携のプロセスは、産と学との間のコンフリクトマネジメントであるとさえいえる。

○社会のニーズに応えるための産における研究と、自由な知的探究心を駆動力とする学における研究の間に基本的なコンフリクトがある。リエゾン機能、技術移転組織、インキュベーション施設、ビジネススクール、ベンチャー支援等へのファンドがこのコンフリクトを回避する。論文による知識の共有化を目的とする学と、特許として知識を独占的なものとしたい産の基本的使命との間のコンフリクトは知財権の運用によって回避される。

○守秘義務を持つ産学連携研究とその中での一般的な学生教員の間にもコンフリクトが存在する。これを回避するには、共同研究の範囲、研究室のオリジナリティ、研究費の出所などを明確にすることが必要となる。

○企業イノベーションにおいて、研究段階と前開発段階で威力を発揮する学も、製品開発、事業展開では有効性がほぼ無くなってしまう。これは産と学との構造上のコンフリクトであり、企業内での研究者の待遇の保障や役員としての位置づけなどを明確化しておく必要がある。

○産と学とが共通の目的を獲得する瞬間が産学連携の醍醐味である。しかし、そこに至る過程は種種のコンフリクトが錯綜して横たわる。特に地域産学連携では、研究者の専門と共同研究テーマが一致しないケースが多い。単純なテーマの発展形ではなく、創発の過程が必要であり、研究者と研究それ自体にコンフリクトが生じる。これらを吸収しつつ、混沌から産学共通テーマを生み出す仕組みとして生まれたHOPEでは、産と学から放出された種子が融合し、やがて事業化へと発展する生命的過程を連想させる。

○産学連携の仕上げは、製品化し、経済効果を挙げることであるが、新規技術をベースとする事業と、ファイナンスとの間にコンフリクトがある。投融資の過程で、従来型の保障の条件が得られにくい。金融側にも、特許を担保として認めるなどの改善があるが、技術評価に困難さを抱えている。これに対する解答が、産学連携完成の最後のバリアを壊すものとなろう。

・・産学連携をコンフリクトの連続として捉えることは、とてもユニークな発想でよいと思う。長い間、産学連携で苦労され、HOPEを結実させた荒磯先生ならではの見方だ。

|

« 産学連携学事始め8 | Main | 産学連携事始め10 »

Comments

Completely new or second hand, it might all be had for less. Con artists can create a storefront with the intent of infecting your computer with virus and malware. Now you can familiarize yourself with online shopping.

Posted by: wiki.kleisteen.nl | March 26, 2014 at 11:49 PM

Livestrong's Myplate calorie system is a calorie and exercise recording device, designed for $2.99. Media mail with delivery confirmation, priority mail or whatever. Superman also found his method to the Game Boy.

Posted by: pc video games | March 27, 2014 at 12:45 AM

Whatever you desire to get may have coupons or discount codes. Several ecommerce websites offer promotions which can be discovered by exploring. Confer with your pals about a common online-shops.

Posted by: Hildegarde | March 27, 2014 at 11:05 AM

Instead, write in a conversational tone that flows normally. If people like everything you have to offer, they will come back for more. No body will probably study a post having a tedious and poorly built subject.

Posted by: Chester | March 27, 2014 at 11:40 AM

I loved as much as you'll receive carried out right here. The sketch is tasteful, your authored material stylish. nonetheless, you command get got an impatience over that you wish be delivering the following. unwell unquestionably come more formerly again as exactly the same nearly very often inside case you shield this hike.

Posted by: http://www.casinogamblingpal.com | March 10, 2015 at 07:30 PM

Thank you for any other great article. The place else may just anyone get that type of info in such an ideal method of writing? I have a presentation subsequent week, and I am on the look for such info.

Posted by: blackjackey.com | April 11, 2015 at 03:13 AM

Hello there! This post couldn't be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept chatting about this. I will forward this page to him. Fairly certain he will have a good read. Thank you for sharing!

Posted by: craps online | May 03, 2015 at 06:37 AM

Spot on with this write-up, I truly feel this web site needs a great deal more attention. I'll probably be back again to read more, thanks for the information!

Posted by: Uber Ignite | October 15, 2015 at 10:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89550/7979726

Listed below are links to weblogs that reference 産学連携事始め9:

« 産学連携学事始め8 | Main | 産学連携事始め10 »