« 地域政策を考える | Main | 派遣の仕事 »

June 26, 2007

食肉偽装

北海道の食肉業者が偽装していることが問題になっている。

偽装は法律違反だが、誰もそれで食あたりや死んでいなければ問題ないじゃないかという気もする。

問題は、加工品が売られるようになったこと、生産と食卓までの間が非常に迂回し、顔が見えなくなっていることだ。

つまり、半加工品や加工品は、主婦にとっては便利だし、外食産業などにとっても便利だし、安さを追求すれば、海外からの輸入になるだろうし、私たちが口にするものがものすごく遠いところから、いろいろな人の手を経てやってくることになってしまった。

肉の判断を消費者が目で見て、触ってできなくなり、また、町の肉やならば、ヘンな肉を売ったら評判が落ちるので、信頼関係を築こうとするはずなのに、それがなくなり、表示でしか信頼できなくなった。それを国などの第三者が監視し、チェックするしか方法がなくなった。それでも、人々に倫理があるうちは、たくさんの検査を必要としなくても、守られたのだが、今では、厳しい監督が必要になっている。

食肉加工業者しかり、遊園地しかり、温泉しかりで、担い手に職業倫理観とプロ意識がない。法律できちんとルールを作り、守っているかを監視し、罰することでしか進めなくなっている。

日本は、これまで人口の割に警察官も弁護士も少なくて済んでいた。これは、職業倫理観に委ねていたからだ。

昔の職人は、自分ともう一人カミサマが居ることを前提に仕事をしていた。神棚もあった。カミサマに恥じない仕事をするというのは前提だった。

多文化と付き合わなければならない(グローバル化で中国の農薬を基準以上に使った材料を使うなど)、日本人でも倫理観とプロ意識がない(儲けることのみ)、消費者にも生活者としてのプロ意識がない。

ルールを見直す、管理をしっかりする・・なども当面必要だが、職業倫理観(カミサマが見ている)やプロ意識をどうするかも考えなければならないのでは。

消費者も、プロの目を持つ、忙しさにかまけない・・う~ん、これも難しい。

|

« 地域政策を考える | Main | 派遣の仕事 »

Comments

The comments to this entry are closed.