« 福井藩の貿易 | Main | 海保青陵 »

June 06, 2007

江戸時代の米

江戸時代には、米が経済の中心であり、大阪に米会所が出来ていて現金に換えることができた。

しかし、豊作の時には、米の値段が下がり、誰も買いたいと思わなくなり、凶作の時には、売り惜しみも生じるので、米があっても米を売る人がいなくなる。金を持っていても、米を買えない。各藩は、津留めをする(しないと一揆になる)ので、値が上がっているので売りたくても売れない。抜け荷をしなければ売れない。

となると、米では財政が不安定になるので、換金作物などを作って、金を溜めておけば、藩内が飢饉の時に、買い漁ることが可能になる。

上杉鷹山は、クーデターを弾圧しながら、武士を運材夫や農夫にして働かせ、藩に金を蓄積していたので、飢饉の時に米以外の食べ物を買い漁って、藩の人々を飢えさせなかったという。

|

« 福井藩の貿易 | Main | 海保青陵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 福井藩の貿易 | Main | 海保青陵 »