« 介護施設の炎上 | Main | 宅老所 »

March 29, 2009

分かりにくい老人福祉施設

前記事で、介護施設についてウロ覚えで書いたので、この際、きちんと調べておこうと思ったが、これがことのほかやっかいだった。

まず、「介護保険法」による施設サービスを行う施設に3種類あって、①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、②介護老人保険施設(リハビリをして自宅等に戻れるようにする)、③介護療養型医療施設(療養型病床群など)がある。

介護保険は、加齢に伴って体の機能の衰え、日常生活に支障が生じた人に、その能力に応じて自立した生活が送れるように、介護サービスを支給する新たな社会保険制度(平成12年4月より実施)なので、提供されるサービスという観点で整理されている。基本は、居宅サービスで、それが適わない場合、施設サービスが支給されるという考え方のようだ。

居宅サービスというのは、在宅介護を支援するもので、ヘルパー等が自宅等に訪問する訪問サービス、自宅等から老人福祉施設に通って受けるサービス(通所リハビリ、デイサービス) 、短期的に施設に入所するサービス(ショートステイなど)がある。「居宅」には、自宅で暮らしている人だけでなく、軽費老人ホームや有料老人ホームで暮らしている人も含まれる。

++++++++++++++++

当面の関心は、広義の「老人ホーム」である。自宅で暮らせなくなった場合、どのような施設に入ることができるかだ。

「老人福祉法」に基づいて設置される高齢者の福祉を図る施設として老人福祉施設と総称されるのがあって、これには、①老人デイサービスセンター、②老人短期入所施設、③養護老人ホーム、④特別養護老人ホーム、⑤軽費老人ホーム及び⑥老人福祉センターの6種がある。

このうち、①と②は、介護保険の居宅サービスを提供する施設であり、⑥は、相談や健康の増進、教養の向上及びレクリエーションのための便宜を総合的に供与することを目的とするとのことで「老人ホーム」ではないので外す。

「老人ホーム」としては、上記の③養護、④特養、⑤軽費の3つであり、③の養護老人ホームというのは、経済的な問題などから一人で暮らせない人を入所させる措置制度であって、介護保険の対象とはならないとのことである。⑤の軽費老人ホームには、A型(給食サービス付き)、B型(自炊)、ケアハウスの3タイプがあり、上述のように介護保険制度では「居宅」として扱われる。

施設に入居して介護サービスを受けるという意味では、④の特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)となる。

このほかに、「老人福祉法」に基づかない有料老人ホームがあり、上述のように、「居宅」サービスとして介護保険が適用される。

+++++++++++++++

ところで、前記事に「宅老所」について触れたが(これについては別途もう少し詳しく述べる)、宅老所の先進事例から、住み慣れた地域で自立して暮らしていけるよう地域に密着したサービスが必要であるとして2006年の介護保険制度改正により、「地域密着型サービス」が追加された。

それまでの介護保険制度によるサービスを都道府県が指定・監督を行うサービスとし、あらたに市町村が指定・監督を行うサービスとして「地域密着型サービス」が追加された。

前述のように、介護保険制度は、支給されるサービスで整理されており、「地域密着型サービス」もサービス内容で整理されている。すなわち、①小規模多機能居宅介護、②夜間対応型訪問介護、③認知症対応型通所介護、④認知症対応型共同生活介護、⑤地域密着型特定施設入居者生活介護、⑥地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護である。

①小規模多機能型居宅介護の「多機能」と言う意味は、基本は居宅支援であるが、利用者の状態に応じて、通所・宿泊・訪問サービスを柔軟に提供するという意味である。④は、グループ・ホームと呼ばれる共同生活を支援する。⑤の「地域密着型特定施設」とは、有料老人ホームのうち定員29人以下を、⑥の「地域密着型介護老人福祉施設」とは、特養のうち定員29人以下を指している(30人以上は、都道府県が指定・監督する)。

+++++++++++++

つまり、仮に私が高齢になり、介護が必要になって施設に入りたいと思った場合の選択肢としては、

①有料老人ホーム(定員30人以上、29人以下)に入って「居宅サービス」を受けるか→入居が高額の場合が多い

②軽費老人ホームに入って「居宅サービス」を受けるか→資産の多寡で入居が決まる

③特別養護老人ホーム(定員30人以上、29人以下)に入って「施設サービス」を受けるか→待機がすごい

④リハビリをして自宅で暮らせるように介護老人保険施設に入るか→実際には、特養待ち、たらい回し

⑤介護療養型医療施設で療養するか→寝たきり化→2012年に廃止の方向

⑥グループホームに入所して共同生活をするか→介護度が高まると難しい

ということになる。

|

« 介護施設の炎上 | Main | 宅老所 »

Comments

Thankfulness to my father who told me regarding this weblog, this website is in fact remarkable. free online blackjack topusaslotsonlinecasino.com casino deposit bonus topusaslotsonlinecasino.com casino games online freeslot best online casino usa best usa online casinos free online casino games topusaslotsonlinecasino.com play roulette free slots casino games no deposit casino best online casino games topusaslotsonlinecasino.com gamble online free casino slots freeslots party bonus casino slots no deposit casinos free blackjack online http://topusaslotsonlinecasino.com/ topusaslotsonlinecasino.com casino deposit bonus craps table best online casino online casino games http://topusaslotsonlinecasino.com/slot-machines.html online casinos usa play blackjack play roulette online http://topusaslotsonlinecasino.com casino slot games slot games no deposit casino bonus free casino slot games topusaslotsonlinecasino.com baccarat crystal

Posted by: free online blackjack | June 16, 2014 at 02:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 介護施設の炎上 | Main | 宅老所 »