« 西東京市の年齢構成 | トップページ | 高齢者世帯の比率 »

2011年2月18日 (金)

地区別にみた年齢構成

西東京市にいったいどんな町があるのか、合併して広域になったので分からなかった。

そこでまず、町別の白地図を作成してみた。

西東京市のHPにある「統計書」の最後の方に町丁別の白地図がある。これをHPからダウンロードできて、エクセルのデータを入れ込めるようになっていると便利なのだけれど。

しょうがないので、白地図をハードコピーして、色鉛筆で塗って、それをスキャンしてみた。

Chikubetsuchizu

人口規模としては、芝久保町(1.9万人)、谷戸町(1.4万人)、これに田無町、保谷町が続く。

年齢構成でみると、年少人口が多いのは、谷戸町、栄町、芝久保町が(16%台)非常に高く、逆に低いのは、ひばりヶ丘北(9%)、田無町、西原町(10%)である。

老人人口比率が高いのは、西原町(26%)、ひばりが丘、ひばりが丘北(24%)で、逆に低いのは、栄町(16%)、谷戸町、芝久保町、富士町(17%)である。

データで見る限りは、栄町、谷戸町、芝久保町は、相対的的に若い家族が多い地域なのではないかと思われる。

これに対し、西原町、ひばりが丘、ひばりが丘北は、相対的に高齢化しているのではないかと思われる。

また、生産年齢人口の比率が高いのが、田無町、富士町、東伏見(70%)である。これは、学生、独身者、子供のいない夫婦などの比率が高いからと思われる。

地区別人口のデータは、こちら。「chikubetsujinko.xls」をダウンロード

« 西東京市の年齢構成 | トップページ | 高齢者世帯の比率 »

西東京市」カテゴリの記事

年齢構成」カテゴリの記事

コメント

芝久保町が人口一番多いんですね。

以前住んでいましたので、興味ありです。

少々退屈な統計ばかりで済みません。明日は、東伏見コミセンの嶋田さんに取材してきます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地区別にみた年齢構成:

« 西東京市の年齢構成 | トップページ | 高齢者世帯の比率 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ